スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日と「甘いもの」

今日は、母の四十九日でした。

もう・・・

まだ・・・



ひとりでお寺に拝みに行ってきました。


あとはいつもと変わりなく・・でした。



母の最後の言葉は



「甘いもの」でした。




亡くなる4日前の午後くらいかなあ〜


目を開けていてふがふが何か話してきました


入れ歯を外して酸素マスクをしていたので何か話しても聞き取れませんでした


私は「よく聞こえないから、もっと大きい声で話して」というと


一瞬だけ、ひと言だけ元気なときのはっきりした大きな声で


「甘いもの」


と言ったんです


そのひと言だけ



私はびっくりしながら


「甘いものね、元気になったらいっぱい食べようね。おまんじゅうもケーキもたくさん買ってくるからね。早く元気になろうね!」


と言いました


母ね


「甘いもの」好きだったんですよ


おまんじゅう、おだんご、菓子パン、ケーキ、おはぎ・・・

コーヒーもココアも紅茶もぜ〜んぶ砂糖いっぱい・・


母らしい・・最後の言葉





介護していると最後の言葉は


「ありがとう」といってほしいな・・とよく聞きます


私も母に「ありがとう」といってほしかった


それは、介護してて辛くて母にあたったり怒ったりひどいこと言ったりしたことも


その言葉で母がすべて許してくれるような気がしたから



でも


「甘いもの〜」だったあ〜〜〜〜〜〜


毎日甘いものは欠かさずお供えしてますよ


ええ〜〜もちろん






それで・・



許してほしいです









↓ポチしてくれると母も喜ぶと思います〜+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へにほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日もありがとうございました。


前回の記事でたくさんコメントありがとうございます。

心のこもったコメント、本当にうれしいです。お返事待っててね・・。






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わたしの母も

甘いものが大好きです。
介護を始めたころは、甘いものばかり食べさせないようにしていましたが、考えてみれば、糖尿病どうのこうのという年ではないですよね。
で、最近は、どんどん甘いものを食べさせています。
健康のために食べたいものも食べないで我慢するより、食べたいものを食べたいだけ食べて、死ぬんなら死んでしまった方がいいというのが、わたしの考えだったことを、すっかり忘れていました。
自分自身のことじゃないと、つい、常識的に判断してしまうことは、仕方の無いことなのかなあと、反省しています。

久しぶりに来てみました。

何も知らなくて・・・

せっかくブログで知り合ったのに
何もできなくて・・・

12年間の介護お疲れ様でした。

普通に生活してても喧嘩とかあると思います。
「ありがとう」って気持ちあったから
酸素マスクして辛い時にでも
甘いもの食べたいって
サクラさんだから言ったんだと思います。

何にも知らないけど
サクラさんや、お母さんのこと
何も知らないけど・・・そんな風に思いました。

ちょっと悩みとかあって
全然来てなかったから
全然知らなくてビックリしています。

; ;

涙涙で書いています。
お母様が許してないわけないじゃないですか、直接は存じ上げませんがブログで知る限りサクラ様は本当に献身的にお母様の介護をされたじゃないですか。
お母様はサクラ様に対し、感謝感謝だと思います。
いつかお母様と会える日きたら、一緒に甘いものを食べながら介護の苦労話、いろんな話ができることを信じています。
そのときは必ずありがとうってたくさんいってもらえると思います。

そうですよー、トラディスカンティアさんの書かれている通りです!
許すも許さないもないですよ。
逆に申し訳ないと思ってらっしゃったと思います。
ウチの母も優しい人だったから、
もし“正気”だったとしたら、きっと「世話かけてすまんな」って思ってた筈です。
私も暴力振るわれて、逆上して叩き返したこともあるし、
悪態吐かれて、ムカッとして吐き返したことも多々あるけど、
それでも、母は怒ったりしてないと思います。
だって、娘がどれだけ自分を愛してるか、大切に思ってるか知ってるもの(*^-^)
・・・なんて、実はそうであって欲しいという私自身の願いなのかもしれませんが(汗)
 
最後の言葉が「ありがとう」なら理想的でしょうけど、でも「甘いもの」っていうのは、
私は可愛くていいなぁって思いました。
この年代の人は、子供の頃に甘いものはあまり口にできなかったと思うので、
ウチの母も、甘いもの大好きでした。
最後の方は、ご飯的なものは食べてくれなくても、甘いものは食べてくれましたしね。
最後に、自発的に「おいしい」という言葉が出たのも、アイスクリーム食べた時でしたし(笑)
お母様、毎日サクラさんがお供えしてくれる甘いものを、
満面の笑みで頬張っていらっしゃいますよ、きっと。

必要な物が聞けてよかったぁ^^
お供えできるもんね。。
うんわかった!って。

介護って真みたいに実際経験のない者にとっては
そのものがすごく偉いと思うのに
介護している中でものすごく色々な葛藤があって
許してくれるかなってサクラさんの言葉は
たくさんの意味があるんだなぁって…
逆だと思うのに、所詮わからないのね真。。
また、うまく言えないけどさぁ。。

四十九日、うちも無事に終わりました。
一区切り、ですよね。
お母さん、甘い物好きだったんですね。きっと今頃た~くさん、好きなだけ食べてますよ(^-^)
うちの父。最後の方は話せなかったのですが、母が「私の名前は誰かわかる?」と聞いた問に、母の名前を答えたのが最後でした。
母の名前が最後で、良かったな、と思ったんです。
イマイチ仲の悪いような微妙な夫婦だったので。
サクラさんは頑張った娘さん。お母さん、きっと甘えて「甘い物」と答えたのでしょうね。親子って照れてしまってなかなか本音が言えないですものね。
私も父の意識が無くなる前に「大好きだよ」って伝えたかったのに、照れてしまって言えなかったんですよ。きっと伝わっていると信じています(^-^)
Secret

プロフィール

サクラ

Author:サクラ
日々を丁寧に好きなことを大切にして生きていきたいです。

*母*
ママプロフィール
*ふう太郎*
PB146521.jpg
*さくら*
PB096415.jpg
*ままりん*
*くま太郎*
20160605_2
*ちゃ太郎*
20160605_1
最新記事
最新コメント
はっくん

カテゴリ
*かわいいこたちのブログ*
*介護ブログ*
*過去ブログ*
  • 母との日々
  • さくらとふう太郎
  • 母とさくらとふう太郎との日々
    • ★東日本大震災の記録★
      月別(表示数指定)
      フリーエリア
      カウンター
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。