スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子げんか

明日ショートに行くというのに・・親子げんか勃発。

ま、小さいのはいつもやってますが・・・。



原因は・・オムツパンツむしり・・・(__;)

あまり気持ちの良い内容ではないので・・苦手な方はスルーしてください。




おとといも、怒られたばっかりの母。


今日の午後にちょっとおちりが臭ってきたので「トイレに行って見てね」と声をかけておいた。

いつもは無視するので・・そのまま他の用事をしてから見に行ったらポータブルトイレに座っていて・・。


むしってた・・・・リハパンを・・・・・・・・・・・。

普段、リハパンにパットをしていてパットが汚れたら替えるので、リハパンはすぐには汚れない。

量が多いときは汚れるので、脱がせるか、脇を破いて取れるようになっている。


リハパンにも尿取り用のパットがくっついているわけで、それは取れない。



しかし、それを母は取ろうとする。

むしってむしって・・・ちっこの付いた中の綿までむしってぼわぼわさせて周りにばらまき散らす・・・。

いつもその途中で私が気がついて止めるわけだが・・なぜ怒られるのかわからないらしく・・・

すぐやめない。

無理矢理取って説明しても・・無駄なんだけど・・・言わないと私が気が済まないのでがんがん言う。


おとといも、やってしまって注意したばっかりなのに・・・。

わかんないんだな〜。

わからないのがわからないから・・・伝えようがない。

こっちも感情的になるのでうまく伝わらないのかもしれないけど・・・。



もう何回もやってる。

いやなんだな〜これやられるの。ほんと頭にどっか〜〜〜〜んとくる。


で、自分で片付けてもらう。あとで、私が掃除機をかける。


自分でやれば覚えてるかと思うけど・・忘れちゃうんだな・・。



そんなんで、今日も気分の悪い母と私。


夕ご飯の前だったので、それから夕ご飯作り・・・無言で母のところにもっていく。



今日は母も言い返してきたら・・頭はボケてても・・(^◇^; 顔つきは正気な感じだった。

脳の刺激になってもらいたいもんだよ・・ほんとに!


ご飯はちゃんと食べてお茶とお菓子も食べて入れ歯も洗って・・9時頃に「疲れた・・」とぼそっと言って寝ようとしたので、パットをまた替えて素直にベットに入った。


「明日からお泊まりだからね」と言うと「明日中に帰ってくるのか?」と聞くから・・

「帰ってくるわけないでしょ。10日くらい泊まってくるの。いいでしょ、しばらく怒られなくて済むから〜」と嫌みのひとつも言うわけだ・・私。


母は・・・・・・・・・。



ま、明日大丈夫でしょう。

明日は明るくお見送りするのだあ〜〜。




こちらも姉弟げんか勃発!

イカ耳で寝技体制のふう太郎・・

2012062120180002.jpg


頭ブルンブルンで目くらましのふう太郎・・

思わず見入るさくら・・

2012062120180001.jpg



あ〜〜オチありません〜〜〜〜・・・(◎-◎;)



いつも応援ポチありがとうございます。



ブログランキング・にほんブログ村へ


今日もありがとうございました。



コメント

ショート利用の重症性

お久ぶりです。ご訪問ありがとうございます。まさにショートステイ(SS)ですね。私は今日は休みでしたが、私の日々の受け入れ側から見ると「送り出す家族の気持ち」が知れた一面でした。有難うございます。
家族の気持ちは図れませんが大変な思いをされていますね。10日間のSSは生活が楽になり、サクラさんに笑顔が戻る期間だと思います。月の3分の1も離れたら楽ですよ!それを補うのが私たちの仕事です。SSの存在意味は「家族から介護負担を無くすコト」ですからね。高齢者のためもありますが、それなら老健か特養があります。短期の意味は介護負担軽減・・・家族の都合で利用するのです。特にパーキンソンは重病ですね、わたしが過去にヘルプした方はパーキンソンでも重症でした、動けない・・・だから、考える角度を変えてみて下さい、まだお母様はSSにも行ける(動ける)怒るコトも多い、でも「しゃべれる」のです。重傷者は空を見つめ・・・感情はありません。寝ているだけですよ。そんな若い方(68歳くらい)を少し世話した(お手伝い)でした。悲しいですよ、まだ顔は若いのに高齢者より反応がなくて、寝た切り・・・それから比べたらお母様は感情があります。怒られたら(まあ、聞き流して)そして、私はこれから資格にチャレンジしますが、「認知症」のケア指導員とかの本を読んだら?日々に考えが変わりますよ。普通に本が売ってます。プロがどうして、忍耐強く高齢者と接しているか(それは見かたが違うから)それを学ぶと介護が楽になりますよ。どうでしょうか?本なら買えます。
一度見てみて下さい!!また、どんどんお話しを伺わせてくださいね!

じけんですっ!

今朝、午前二時、携帯に起こされました。近所の人から、「お宅のお母さんが玄関を叩いている。怖くて出られないから、何とかして欲しい」という内容。
行ってみると、その隣家の玄関に明かりが。
母は、息子が薬を飲ませてくれないので、救急車を呼んでくれと、死にそうな顔で訴えていました。強制的に連れ帰り、朝になると、たんまりと大と小。おねしょシートを二枚も敷いていたのに、マットレスまで濡れていました。
もちろん、薬は飲ませてありました。
洗濯は大変だし、民生委員の対応はしなければならないしで、せっかく晴れたのに、とんでもない朝になってしまいました。
奇行をしているとき、本人の頭の中には、それなりの理由があるんですかね・・・・。

No title

介護職の妹がいつも言うのよね~
前も書いたけど「仕事で他人だからできる」って(^^;
他人だったらそういう病気だからって理解して対処できるけど
自分の母だったら、やっぱり「なんで、わかってくれないの」とか
言ってしまうかもしれないって。
割り切って介護ってなかなかできないと思うわ。
それでも日々お世話している中で、今まで育ててくれたお母さんが
戻ってきてくれる瞬間は喜びもあるんだろうなとか思います。
サクラさんの大変さや苦労は想像するだけで
わかっていない私が言うのも憚れるけど
ショートがあって良かったなと思います。
気持ちを一旦リセットして、自分も見つめ直せる大事な時間が持てるもんね。
サクラさんの1番の理解者はふうちゃんとさくらちゃんね(*^^)
サクラさんを癒してくれるケア担当^^
そこにいるだけだけど、それでいいのよぉ~

Re: ショート利用の重症性

shibamamaさん
こんにちは〜コメントありがとうございます。

母、今日ショート出かけました。ほんとうにホッとしています。
ショート行ってくれてありがたいです。受け入れ先の施設も2時間かけて送迎してくれるのですから感謝です。

そうですね、認知症の方の介護の本は以前読んでみましたよ。技術的なところとか気持ちの受け取り方とか参考になるところはありました。

でも、家族となると少し違って・・感情が入るんですよね。今まで一緒に生きてきた母との関係とか性格とか・・いろんな思いが心の底にあっての介護なので、割り切れないところがいっぱいあるんですよ。それで苦しいわけです。そこが、家族とスタッフさんとの見方の違いだと思います。

距離を置いて見れるようになるには・・なかなか難しいです。でも、ショートに行ってくれるおかげで以前よりは良くなったと思うんですよ、自分では・・(^_^;・・ま、自分しかわからない領域のところでね・・。

いろいろアドバイスありがとうございました。



Re: じけんですっ!

あそびさん〜〜

事件でしたね〜〜〜\(◎o◎)/!
今は大丈夫ですか?落ち着きましたか?
お母様、おけがなどしなくて良かったですが・・・。
大変でしたね〜。うんうん。

玄関の鍵を開けて出て行ってしまうのですかねえ〜。
近所の方たちにもご迷惑かかると、いろいろ対策を練らないとで
すね。神経使いますね・・・。あまり飲み過ぎないように・・(^^)

今日はいいお天気になりましたよね〜
お洗濯大変ですね。
実は〜うちもたくさん洗濯物残してショートに行きましたよ(T_T)
今日だけでは間に合いません・・。
まったくねえ〜

奇行をしているとき・・・・
本人には理由があるんだと聞きました。それが、いつの時のことが原因なのか・・
若いときに我慢してきたことを今出しているとか・・そのずっと前の記憶から来ているのか・・
きっと両方なのかなと思います。それを癒していければいいのかな・・・わからないけど・・。



ぴゃるみさん

うん・・そうですね〜
家族は気持ちが近すぎて要求しすぎてこうなって欲しくて・・の気持ちが多すぎて強すぎて・・
ぶつけてしまいますね。
距離をなかなかもてませんねえ。

だから、距離をもつためにショートとかあって本当にありがたいですよ。母も今日も素直に出かけていったし・・すごい洗濯物を残していったので気が引けたんだと思うけど・・・ぷぷぷ(*^_^*)

さくらとふう太郎とのしばしまったりな生活がはじまりますよん(^-^)
まったりしすぎてネタがないのが・・悩み・・・ぷぷぷ(*^^)v

ありがとうね。

No title

奇行は「過去の習慣とか子供に返り、何かをしないといけない」という思いになる様ですよ。良く息子を「おとうさん」と言ったり、娘をお姉さん・・・と言う方がいます(自分が子供だから、周りが大人です」
子供時代が懐かしい・・・楽しかった(仕事とか責任が無いから)
だから、子供になり主人公は「自分」。そんな世界に入っている様ですよ。たぶん・・・

shibamamさん

そうでしたか・・
奇行はそうゆうこともあるんですね。
幸せだった頃に戻ったり、すごく嫌で我慢していたことを今は我慢しないでだしたり・・というのもあるのかな・・。お父さんが認知症になった友達が言ってましたよ・・・・





お疲れ様です

サクラさん お疲れさまです。
我が家も今朝 母がパジャマを脱いで、夢でもみたのか本人はした事を覚えていませんが、布団の中でリハパンを破いていました~。
パーキンソンで普段は手に力が入りにくいのに火事場のなんとか、で時に思わぬ力を出しますね・・(汗)
私も母に対して病気だと分かっていても・・ついつい感情的に「なんでー!!」となってしまいます。
これがお仕事だったらきっと私も優しくできるんだろなーと思ったりします。
先が見えなく長い介護はほんとつらいです。
サービスを利用しながら介護者が倒れないようにしなくちゃ!ですね~。
何よりふう太郎くん さくらちゃんがいてくれて良かった♪
うちもネコに癒されています(その代わり腰ぽんの要求が~~)

ちかぽんさん

あ〜ちかぽんさんのところも〜
なんで、リハパン脱いだり破ったりするんだろうね・・
火事場の〜はすごいね、手を離させるために力をいれるから母の手もアザだらけだよ・・かわいそうだけど・・
最近は、やっと話すように話をして自分で離すようになったけど・・

ちかぽんさんも定期的な休養をとってね。これが長く続けるコツだよ〜〜ん。
あと・・ねこたちね・・腰ポン要求にはちょっと疲れるときあるよね・・

こっちにも肩もんでよ・・と言いたくなるよ。

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【親子げんか】

明日ショートに行くというのに・・親子げんか勃発。ま、小さいのはいつもやってますが・・・。原因は・・オムツパンツむしり・・・(__;)あまり気持ちの良い内容ではないので・・苦手
プロフィール

サクラ

Author:サクラ
日々を丁寧に好きなことを大切にして生きていきたいです。

*母*
ママプロフィール
*ふう太郎*
PB146521.jpg
*さくら*
PB096415.jpg
*ままりん*
*くま太郎*
20160605_2
*ちゃ太郎*
20160605_1
最新記事
最新コメント
はっくん

カテゴリ
*かわいいこたちのブログ*
*介護ブログ*
*過去ブログ*
  • 母との日々
  • さくらとふう太郎
  • 母とさくらとふう太郎との日々
    • ★東日本大震災の記録★
      月別(表示数指定)
      フリーエリア
      カウンター
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。