スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんのこと

明日は仕事でお世話になったKさんのお葬式に行ってきます。

82才のおじいちゃんでしたが子どもみたいにうそ言ったりいたずらしたり・・よく私はひっかかりました。

Kさんは「ひっひっひ」と笑っていてくやしい思いをしたものです。

おぼっちゃまで頭もよくて、年を取ってもスラックスにぴしっとすじをいれていて・・・。

いつも楽しくて大好きでした。



家は国道沿いで土台も蔵もありませんでした。



Kさんは近所の方が逃げようと言ってもその時は逃げなかったそうです。

その後Kさんが奥さんの手を引いて国道から公民館に逃げるところを見ていた人は、1メートル後ろをもう一度振り返った時は二人とも波にさらわれて見えなくなっていた・・・と話していました。


毎回防災訓練の時は、公民館に一番に来て役場職員に「遅せえなあ〜」と嫌みを言うくらいだったのに。


私は、Kさんがなぜ逃げなかったのかなあ・・・と腑に落ちませんでした。



Kさんとずっと仕事をしていた人とそんな話をしていたら、Kさんは癌の闘病中だったと言うことでした。

抗ガン剤の効果も思わしくなく・・気落ちしていたと。



奥さんはKさんより一回りくらい若いのですがリュウマチを患っていて走ったりはできませんでした。

Kさんは「自分のところに嫁にきたからこうなってしまった・・」とよく言ってたそうです。


でもその奥さんの手を引いてKさんはやっぱり最後は逃げた。



え〜と、何が言いたいかというと。


最後はKさんは「生きるのをあきらめなかった」と私は信じたい・・ということです。


結果、悲しいことになってしまったけど。


すぐに逃げなかったのは、病気で気持ちが落ち込んで「ちょっと生きるのをためらってしまっていた」からだと。



本当はぜんぜんわからないことなんだけど、自分の中でそう納得させると楽になったから。


私が知っているKさんは「生きるのをあきらめない人」だと思っていたいなあ・・・ということでした。


ひとりごとでした・・・。





にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ

 写真ブログへ


読んでくださって今日もありがとうございます。





スポンサーサイト
プロフィール

サクラ

Author:サクラ
日々を丁寧に好きなことを大切にして生きていきたいです。

*母*
ママプロフィール
*ふう太郎*
PB146521.jpg
*さくら*
PB096415.jpg
*ままりん*
*くま太郎*
20160605_2
*ちゃ太郎*
20160605_1
最新記事
最新コメント
はっくん

カテゴリ
*かわいいこたちのブログ*
*介護ブログ*
*過去ブログ*
  • 母との日々
  • さくらとふう太郎
  • 母とさくらとふう太郎との日々
    • ★東日本大震災の記録★
      月別(表示数指定)
      フリーエリア
      カウンター
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。